iFOREXの特徴

iFOREXは、ヨーロッパを始めとして世界中の十数か国でサービスを展開している世界でも有数のFX業者です。その中には、もちろん日本も含まれています。

そして常に、ユーザーからの要望に応えるべく努力を続け、より良い取引環境とサービスを提供し続けています。また初めてFXを行う人であっても、扱いやすく、感覚的に取引できるシンプルかつ高機能な取引システムを用意しています。

それは日本であっても同じです。日本語に完全対応することで、日本のユーザーの利便性をアップしています。そしてその進化は、止まることなく続いて行くことでしょう。

iFOREXが提供する追証ゼロ、損失限定サービス

もし急激な為替変動が起こり、従来の取引では追証が発生するような事態になっても、iFOREXでは、追証を入金する必要がないサービスを提供しています。追証の発生を心配することなく、安心して取引を行うことができるのは、iFOREXでFX取引を行う大きなメリットです。

取引手数料も無料

FXに関する取り引き手数料は、無料になっています。したがって手数料を気にすることなく、思う存分取引を続けることができます。そしてFX取引を行ううえで、もう一つ重要なのがスプレッドですが、そのスプレッドも業界トップクラスの狭さに設定してあります。より確実に収益を挙げるために、適した環境になっているのです。

口座開設もとても簡単

口座開設は、3分ほどで完了するほどの簡単さです。口座開設に必要なのは、メールアドレスとクレジットカードだけです。それさえあれば、思い立ったその瞬間から、FX取り引きを始めることができます。

通貨ペアは60種類以上を用意 (iFOREXの通貨ペアリストは、FXとBO投資初心者講座)

iFOREXは、取引できる通貨ペアも豊富に取り揃えています。ドル/円を始めとする主要通貨以外にも、メキシコペソやイスラエルシュケル、そしてシンガポールドルなど、マイナーな通貨も取引可能になっています。

金、銀の取り引きもできる

取引できるのは、通貨ペアだけではありません。金や銀の取り引きも可能なのです。そして通貨ペアの取り引きと同じように、24時間の取り引きが可能になっています。この他の業者ではハイローオーストラリアが注目を集めています。


FXにしても株式投資にしても新米投資家の方に特に多いのですが、自分では市場を分析する事ができないので、投資情報サイトやひどい例だとツイッターに書かれた情報を鵜呑みにして、吟味もせずに自分の大切な資産を投入してしまうといった人がいます。

もちろん初心者のうちは特定の投資家をモデルにし、その人をそのまま真似たトレードをしてみたりすることは決して悪い事ではありませんが、ここで問題なのは情報の信ぴょう性と鮮度です。
まず第一にネット上に出回っている豊富な投資に関する情報ですが、それらすべてが信用にたる情報であるという保証はどこにもありません。

投資の世界というのは、名の知れた有名投資家でさえも市場の動向を考察して、予想をはずしてしまうような不確実なものです。

それなのに、どこの馬の骨ともわからない人がネット上に無責任にまき散らしている情報を鵜呑みにするというのは、もはやそれはギャンブルでしかありません。

また場合によっては多くのフォロワーのいるような人が事前に出来高の少ない割安な株を大量に仕込んでおき、ツイッターで初心者が飛びつきたくなるような情報を流すことで短期的な利益を確定させ、その銘柄を買ってしまった人が塩漬け株を抱えたまま泣き寝入りしてしまうなんていうことも決して少なくありません。

このように情報というのはいくつソースを持っているかよりも、信頼できる情報源がいくつあるかと委ことが重要であり、それらを見極める事のできる目が必要なのです。

また仮にネット上に公開されている情報が決して誤った物ではなかったとしても、場合によってはそれが自分のトレードに不利益に働いてしまうことがあります。

それは、自分がその情報を拾うタイミングが他の投資家よりも遅れてしまった場合です。情報というのは他の人が知らない有益なことを、自分を含む少数派が知っている時にだけ有効に働くものです。

そのため、世間一般に最新の投資情報が広まってしまってから自分が取引に動き出したのではすでに遅く、それでは最新ニュースによるリアクションの起こった後の市場の中に無防備に飛び出すのと同じことになってしまいます。

そのため、投資で勝つためには情報を早い段階でつかみ、それによって市場が変動する前にある程度の予想を立てて、その予想に沿ったアクションをなるべく早くとる事なのです。

こういったことは慣れてこないとなかなか難しいかとは思いますが、最近ではバーチャルで投資体験ができるアプリなんかもありますので、そうしたところで迅速なトレードが出来るように訓練するのもよいかもしれません。