24 Optionの特徴

24 Optionには3つの判定方法

人気のバイナリーオプションである24Optionには、3種類の判定方法があります。バイナリーオプションは、通貨や株式、株価、商品先物取引の相場が、設定よりも高くなるのか、低くなるのかを予想するだけというシンプルなルールの取引です。それぞれに設定された条件のなかで、予想が当たったのか、それとも外れたのかで判定します。 24Optionは、最近どこのポータルサイトでも取り上げられており、何百とあるブログの恐らく80%に24Optionの記事を見つける事ができると思います。

■「高/低(ハイ&ロー)」取引

一番基本的となるルールは、高/低です。一般的にHIGH&LOWと呼ばれているものと同じものです。バイナリーオプションでは、このルールがすべての基本となるといって良いでしょう。初心者はまずバイナリーオプションから入って行って、慣れてからFXに戻るというパターンもあるようです。

この高/低は、取引を始めた時点でのレートが、設定された期限の時点のレートと比較して高いのか、それとも安いのかを予想します。その期間中の推移や経過は一切関係ありません。

とにかく設定された終了時間のレートが、開始時よりも高いのか、安いのかだけで判定します。例えば、米ドル/円相場が、100円の時に始めたとします。そして10分後の相場が、100円よりも高いのか、それとも安いのかを予想するという、とても簡単な取引です。

参照: ボラティリティ.com

■「ワンタッチ」取引

ワンタッチ取引というのは、取引を始めてから決められた期限までに、決められたレートに一瞬でも届くか(タッチするか)を予想します。たとえ一瞬であっても、設定されているレートに届けば、予想があたったことになり、利益が確定します。一瞬でも届けば良いので、その後の相場変動は、もう関係ありません。

例えば、米ドル/円相場が100円の時に、15分位内に100円10銭に届くかの設定をしてある取引をしたとします。この15分位内に、為替レートが一瞬でも100円10銭に届けば、利益が確定します。そしてその後の為替レートが、100円に戻ったとしても、それはもう関係ありません。値動きの幅がある程度ある場合に、利益を出しやすいルールであると言えます。
また同じように、設定された期間内に、設定されたレートに届かないことを予想するノータッチの取引も可能です。設定期間内に一瞬でもその為替レートに届かないと利益を受け取ることができます。こちらは、値動きが少ない相場での取引に向いています。

■「境界(レンジ)」取引

設定された期間内に、設定されたレンジの中で為替レートが変動するかを予想する取引です。一瞬であっても、そのレンジを逸脱してしまうと終了となり、利益を受け取ることはできません。例えば米ドル/円の為替レートが、100円10銭から100円30銭のレンジに設定されているとします。

設定された期間内に、一瞬でも100円10銭か100円30銭を超えたら、その時点で取引は終了となります。相場の動きが鈍い時や、もともとあまり動きが激しくない銘柄に適しています。